遠恋で我慢できず出会い掲示板を使い始めた女性の体をしっかりと味わいました

遠恋で我慢できず出会い掲示板を使い始めた女性の体をしっかりと味わいました

遠恋で我慢できず出会い掲示板を使い始めた女性の体をしっかりと味わいました
仕方のないことかもしれませんが、遠恋(遠距離恋愛)をしていると、男性側でも女性側でも浮気が多くなります。どれほど愛情が強くとも、連絡手段が発達していたとしても、やっぱり『身近でエロいことがすぐにできる異性』というのは、魅力的なのですね。

私は遠恋の経験はありませんが、『遠恋で我慢できず、出会い掲示板を使い始めた女性』とセックスしたことがありまして、この女性とは散々やりまくった結果、「もう、彼氏とのセックスだと満足できないの…」なんて言われるようになりました。

かまってくれない寂しさから体を許すように

その女の子はミサコ(仮名)という名前で、年齢は24歳とかなり若いです。出会い掲示板にいる女性って『なかなか相手が見つからず性欲も強い30代以降』が多いのですが、ミサコみたいな若い子もまれにいるので、こういう子はまさに狙い目ですね。

ミサコに話しかけて出会い掲示板を使った理由を聞くと、「実は遠恋中の彼氏がいるんだけど、なかなか会えないし、最近は連絡も減ってきて、私も我慢できないの…」と言いました。仮にセックスができなくとも、連絡がマメなら耐えられるのでしょうが、男はそこまで筆まめではありませんからね。

それに連絡が少なくなると「もしかして、ほかの子と遊んでいるのかも…」と疑ってしまうため、ミサコとしても浮気セックスの精神的な敷居が下がってしまうのです。とはいえ、ミサコは彼氏とは別れないようで、「セックスだけしてくれればいいですから…」と前置きをしていました。

女性が喜ぶセックスをすると関係が長く続く

私もそれには同意ですが、男としては「どうせなら、彼氏とする以上に感じさせたい!」って思いませんか?気持ちまではどうしようもないですが、やっぱり体だけでも寝取ると満足感が違うので、ミサコとするときは『とにかく女性が喜ぶセックス』を心がけたのです。

女性が喜ぶセックスを簡単にまとめると、『すぐに挿入せず、とにかく愛撫を丁寧にするセックス』ですね。女性は愛撫されているときが1番気持ちよくなれるので、丁寧にクリや入口を刺激してあげましょう。そうすれば、挿入する前から満足してくれます。

そして満足した女性に挿入すると快楽に酔ってしまい、淡泊な彼氏とのセックスでは物足りなくなります。実際に、ミサコも私とやりまくったあとに彼氏としたら、全然いけなかったのだとか…。

今もミサコは彼氏が好きらしいですが、セックスに関しては私とするほうが断然いいらしく、いつも会うときは喘ぎまくっています。遠恋で持て余した体を味わい尽くすのは、やっぱり楽しいですね。

遠恋で我慢できず出会い掲示板を使い始めた女性の体をしっかりと味わいました へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ